陰性症状と陽性症状

バインダー 統合失調症の陰性症状には、物事や人に対して完全に興味を失うという行動が見られます。また、陰性症状が陽性症状へと変化する場合もあるのです。そこで、精神科医はカウンセリングを行い、それぞれにあった治療法を実施します。

詳しく見る

以前との違いを把握しよう

カウンセリング ここでは、うつ病等の精神疾患の際に起こる典型的な症状である、物事への興味を失うという症状について記述してきました。精神科等への通院を考えた際にすべき事や、興味を失うという事が症状の悪化にもたらす影響、精神面以外の弊害等を書いています。

詳しく見る

自分の感情の変化

受付 人や物事に興味を失う人が増えています。そうなってしまった理由はさまざまですが、人間関係に疲れたなどネガティブな理由が大半です。自分の感情に目を向け他人と積極的に関わることで意欲を上げることにつながります。

詳しく見る

良く見られる症状です

悩む男性 うつや統合失調症等の代表的な症例である、興味を失うという症状が出たらどうすれば良いかという事を書きました。精神科で入念に行われる内容や自分に適した医院の選び方等を中心に記述して、こうした症状で困っている人の手助けになるようにまとめています。

詳しく見る

ストレス等に気を付けよう

悩む女性

興味を失ったらどうすればいいのか

毎日生きているといろいろなことがあり、いいこともそうではないことも起こるのが人生です。良いことがたくさんあると幸せな気持ちを感じることができますが、うれしくないことや辛いことがたくさん怒ってしまうと、だんだんと心が疲れてくることもあるのではないでしょうか。そうなると、これまで楽しいと考えていたことが楽しいと思えなくなってしまったり、興味があったことでも興味がなくなってしまうといったことが起こり得ます。例えば、残業がずっと続いていたり、職場で上司などから叱責されるといったことが続いてしまうと、だんだんと気持ちが暗くなる時間が増えたり、やりがいがあると考えていた仕事でも集中力が途切れたり、思わぬ失敗をしてしまったりと、だんだんと悪循環に陥ってしまうことがあるかもしれません。物事に興味を失うという場合、もしかしたらいろんなことが重なって疲れてしまっているのかもしれません。忙しくて食事をしっかりと摂れなかったり、十分な睡眠がとれなくなってしまったり、休息が足りなかったりしているかもしれないのです。これまで興味があったことに対して興味を失うような状況になっている場合、それは心からのサインかもしれません。まずはゆっくりと休息をとって、生活スタイルを見直してみるタイミングかもしれないのです。

これまで興味があったことに対して興味を失うという場合、どんな特徴があるのでしょうか。例えば、大好きで熱中していたことに対して興味が持てなくなったという場合、どんなことが原因として考えられるのでしょう。この点については、興味を失う原因としてまず挙げられるのが、ストレスを抱えているという点です。仕事に対してやりがいをもっていたけれども、いろんなことがあって仕事に興味が持てないという場合、残業が続いていたり、仕事が思うように運ばずに過度なストレスを感じているのかもしれません。また、疲れがたまっているのにそれが解消できていないことも、物事に対して興味を失う原因として挙げられます。残業や休日出勤、睡眠不足などで疲れがたまっているのに疲れが十分に摂れていない場合、どんなに興味があることでも興味を失ってしまうでしょう。そのため、しっかりと睡眠をとったり、ストレスを解消するための時間を確保して疲れを解消しましょう。さらに、食生活などの生活スタイルが不規則になってしまうと、体の調子も崩れやすくなります。そんな状況では興味があったことでもだんだんと興味をウ仕舞ってしまいやすくなってしまいます。そんな時にはこれまでの生活スタイルを見直したり、改善していくようにしましょう。

Copyright© 2020 興味があることでも失ってしまうことがある All Rights Reserved.