自分の感情の変化

受付

人や物事に興味が持てない理由

他人や物事に興味が持てず孤独な世界の中で生きているという方も少なくありません。このような心理状態になってしまうのは、人間関係で悩んだこともキッカケの一つになります。例えば、人に会うのが億劫に感じてしまったり会話をすることに苦手意識があるという方も、人や物事に興味を失う心理に陥ってしまっているかもしれません。なかには、個人で楽しむ趣味を充実させたり集中したいことがあるからといった前向きな気持ちで人に興味を失う人もいます。何かしら時間を忘れて打ち込むことがあると誰かのために時間を使うことが惜しいと感じてしまい、人に興味を持てなくなってしまうのです。一方で人と濃密な時間を過ごしたり距離を縮めることをあえて避けているという人もいます。これは、ネガティブな感情から生まれた結果です。以前に人間関係で悩み心が疲れてしまうと、もう二度とあの時のような辛い気持ちを味わいたくないと無意識で人や物事に接触しないようになってしまいます。このように人や物事に興味を失う理由は、人によってさまざまです。ポジティブな気持ちで一人で行動するという人もいますが、大半の人が人間関係に疲れてしまったり自己防衛で安全圏の中で生活しやすくなってしまうのです。

一度、人や物事から興味を失うとなかなかその現状から立ち直ることはできないと思う方も多いようです。人間関係で悩み心が傷ついてしまうと知らず知らずのうちに自分の感情を抑制してしまいます。そうすることで感情を感じないように自分を守ることができるからです。しかし、心が傷つくといった痛みの感情から自分を守ることはできても、喜びや怒りなど他の感情を感じられなくなってしまうこともあります。人や物事に興味を失うなど自分の心理状態にトラブルを感じているのであれば、まずはどうしてそうなってしまったのか原因を探ることが大切です。さまざまなことに興味を失いながら日常生活を続けていると自分に自信を持てなくなり、これまで当たり前のように感じていた感情を持てなくなってしまいます。もし、人や物事などさまざまなことに興味を失っているなら、自分の感情に目を向けてみることも対策になります。意識して自分の感情に目を向けると今自分が求めているものを判断しやすくなるでしょう。また、興味を失い鬱々としているときだからこそ、あえて積極的に他人と関わることも大切です。人や物事と関わると他人の考え方や行動力を目にすることができ、楽しく生きるヒントを得られます。

Copyright© 2020 興味があることでも失ってしまうことがある All Rights Reserved.